東日本大震災から4年:災害廃棄物の有効利用に関するこれまでの成果

主催:NPO法人 廃棄物地盤工学研究会 (http://gw.doc.kyushu-u.ac.jp/)

共催:

一般社団法人廃棄物資源循環学会九州支部、公益社団法人土木学会西部支部、 公益社団法人地盤工学会九州支部、公益社団法人福岡県産業廃棄物協会、 国立大学法人九州大学大学院工学研究院附属循環型社会システム工学研究センター

日時:平成27年6月26日 (金) 14:00~17:00

場所:九州大学西新プラザ 2階 大会議室

参加費:

会員2,000円(資料代込み)、非会員4,000円(資料代込み)、
共催団体会員 2,000円(資料代込み)
学生無料 (希望者は資料代別途1,500円)
(地盤工学研究会会員様 G-CPDポイント数:4)


会員様はリンクから資料をご覧頂けます。

1. 地盤工学会 災害廃棄物から再生された復興資材の有効活用ガイドラインについて その1 (用途と活用方法)
福岡大学工学部 教授 佐藤 研一

2. 地盤工学会 災害廃棄物から再生された復興資材の有効活用ガイドラインについて その2 (共通事項等)
国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター 主任研究員 肴倉 宏史

3. 災害廃棄物への対応と復興における調和
京都大学大学院地球環境学堂 教授 勝見 武


セミナー内容の詳細は、会員ページからご覧いただけます。

(Seminar トップへ戻る)